<景品表示法に基づく表記> 本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

レクサスLBXの評価集

レクサス LBXでみんなが選ぶ人気のオプションは?コレがおススメ!

レクサスLBXの人気オプション&ナビをチェック

ヤリスクロスをベースに開発されたレクサス最小のクロスオーバーSUVが、「LBX」です。

このLBXには安全性や利便性をさらに高めたり、内外装をスタイリッシュに仕立てるための様々なオプションが設定されています。

ここではレクサス LBXでみんなが選んでいる人気のオプションを紹介していきますので、オプション選びの参考にどうぞ!

レクサス LBXのおすすめメーカーオプションは?

インテリアのおすすめメーカーオプションは?

カラーヘッドアップディスプレイ

速度や運転支援システムの設定アイコンなど、運転に必要な様々な情報をウインドスクリーンの見やすい場所に投射する装備です。

視線をメーターに落とす必要がなくなるため、常に前方の状況確認に集中でき、安全運転に寄与します。

好みや状況に応じ、ステアリングスイッチの操作で3つの表示モードから選択可能です。

55,000円と少々高額ですが、前方不注意による事故リスクが軽減されると思えば安いものではないでしょうか?

快適装備のおすすめメーカーオプションは?

デジタルキー

lexus.jp/lbx

スマートフォンに専用アプリ「デジタルキー」をインストールすることで、スマートフォンを車のキーとして使えます。

スマートフォンの操作でドアの施錠・開錠やパワートレインの始動ができるので、いちいち車のキーを持ち歩く必要がありません。

またスマートフォン同士でデジタルキーの受け渡しができるので、家族や友人と車の貸し借りをする際にも便利です。

価格は33,000円でスマートフォンアプリと考えると高価に感じるかもしれませんが、思いのほか便利なので選んで損はないでしょう。

アクセサリーコンセント

lexus.jp/lbx

フロントコンソールの後部に装着するAC100Vのコンセントです。

1500Wの大容量なので、ほとんどの家電品が車内で使用できます。

電気ポットやポータブル冷温庫などを使いたいキャンプの際などに重宝するでしょう。

また、停電した時に車から自宅に電気を送れる非常時給電システムも備わります。

45,100円と安くはありませんが、災害が発生した際などに付けておいて良かったと感じるはずです。

おくだけ充電

lexus.jp/lbx

フロントコンソールトレイの充電エリアにスマートフォンやモバイルバッテリーを置くと、自動で充電が開始されます。

その都度USBケーブルを取り出して接続する煩わしさから解放されるのは、ことスマートフォンのヘビーユーザーにとって大きなメリットになるでしょう。

13,200円とリーズナブルなこともあり、装着率の高いオプションになっています。

安全装備のおすすめメーカーオプションは?

レクサスチームメイト・アドバンストドライブ+緊急時操舵支援+フロントクロストラフィックアラート+レーンチェンジアシスト+ドライバーモニター連携

以下の5つの安全運転支援システムからなるメーカーセットオプションです。

レクサスチームメイト・アドバンストドライブ

高速道路や自動車専用道をレーダークルーズコントロール及びレーントレーシングアシストを使って走行中、渋滞で速度が40キロ以下になると作動する運転支援システムです。

ドライバーが前方を監視しているなど一定の条件を満たしていれば、加減速・発進停止・車線維持を支援します。

アクセル、ブレーキやステアリングの操作が不要になり (手放し運転が可能 ) 、渋滞時の負担や疲労が緩和される点がメリットです。

渋滞が解消されるとドライバーに音と表示で通知した後、自動で支援を終了します。

緊急時操舵支援

自車線内に十分な回避スペースがある状況で、車・二輪車・自転車運転者・歩行者との衝突の危険性が高まると、操舵支援などで衝突を回避する装備です。

ドライバーの回避操作があればステアリング操作を支援し、回避操作がなければ弱い自動ブレーキをかけながらステアリング操作を代行します。

通常の自動ブレーキにこの装備がプラスされることで、衝突事故のリスクが一層下がるでしょう。

フロントクロストラフィックアラート

交差点に進入する際などに左右から接近する車両が存在すると、カラーヘッドアップディスプレイにアニメーション表示してドライバーに注意を喚起。

さらに車両が接近しているにも関わらず発進しようとすると、ブザー音と表示で強く注意を促します。

特に見通しの悪い交差点で起きがちな出会い頭の事故が防げるのは、大きなメリットです。

レーンチェンジアシスト

高速道路や自動車専用道を車線維持支援機能を使って走行中にウインカーを操作すると、車線変更を支援します。

ステアリング操舵や加減速、車線変更先の車両の監視まで行ってくれるので、イージーかつ安全な車線変更が可能です。

車線変更時の接触事故やヒヤリハットを、この装備が防いでくれます。

ドライバーモニター連携

lexus.jp/lbx

ドライバーモニターがドライバーを監視し、居眠りや脇見などをしていると判断すると、メーター表示やブザー音で注意を促す装備です。

脇見の監視は視線を下げた時も有効なので、スマートフォンを見ながらの違法運転もしづらくなります。

価格は90,200円するので二の足を踏むかもしれませんが、これら5つの機能で事故リスクを大幅に軽減できるので、是非装着をおススメします。

ちょっと待った!そのメーカーオプションは必要ないかも・・・

マークレビンソン・プレミアムサラウンドサウンドシステムは高額過ぎてリスキー!

lexus.jp/lbx

クールとリラックスでは、標準装備のプレミアムサウンドシステムとリプレイスするマークレビンソン・プレミアムサラウンドサウンドシステムがオプション設定されています。

しかし、251,900円と極めて高額なのが難点です。

実際に音を聴いて納得した上で選べれば良いのですが、運よくマークレビンソン・プレミアムサラウンドサウンドシステムが装備された試乗車がない限り、それも難しくなります。

老舗ブランドの高級カーオーディオシステムといえど、必ずしも自分の好みの音が出るとは限らないので、試聴せずに注文するのはあまりにもリスキーです。

面倒でもカーオーディオ専門店に足を運び、様々なオーディオシステムを試聴したうえで好みの機器をインストールしてもらった方が間違いありません。

レクサス LBXのおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

モデリスタ・アドバンストラグジュアリーパッケージ

lexus.jp/lbx

lexus.jp/lbx

lexus.jp/lbx

モデリスタブランドから販売されるエアロパーツセットで、フロントスポイラー、サイドスカート、リヤスカートの3点で構成されます。

LBXを一段とスタイリッシュに演出する効果と同時に、空力特性改善に伴う操縦安定性の向上が望めます。

264,000円と高額なオプションになりますが、リセールバリューアップにつながりますし、他のLBXに差を付けるにも奮発したいところです。

サイドバイザー

lexus.jp/lbx

車内の換気に役立つサイドバイザーは、人気ディーラーオプションのひとつです。

特に雨天時は便利で、窓を少し開けるくらいなら雨水が車内に侵入しません。

側面のふくらみを抑えたデザインなので高速走行時の風切り音が少なく、見た目もスタイリッシュです。

サイドバイザーはカッコ悪いからと敬遠する人もいますが、このルックスなら抵抗なく付けられると思います。

価格は37,400円です。

ホイールロックボルト&ハブボルトセット

lexus.jp/lbx

専用工具を使わないと取り外しが難しいホイールロックボルトと、LEXUSのロゴが入ったスタイリッシュなハブボルトのセット。

アルミホイールの盗難防止とドレスアップに効果的なアイテムです。

39,600円と意外に高額ですが、アルミホイールが盗まれると思えば安いものでしょう。

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

フロアマット

lexus.jp/lbx

ほぼ全てのユーザーが選んでいると見て間違いないのがフロアマットです。

足元をドレスアップする効果や遮音性を高める効果に加え、汚れても取り外して簡単に掃除できるなどのメリットがあります。

LBXに用意されているフロアマットは「タイプA」と呼ばれる一種類のみで、あれこれ悩まずに済むのはある意味で利点です。

価格は90,200円で、消臭や抗菌などの機能はありません。

ロングラゲージマット

lexus.jp/lbx

居住スペースだけでなく、荷室フロアにも気を配りたいところ。

荷室にもマットを敷けば、フロアが汚れたり荷物が傷付いたりするのを防ぐことができます。

ロングラゲージマットなら後席を倒した部分もカバーするので万全です。

価格は24,200円です。

安全装備のおすすめディーラーオプションは?

プラスサポート用スマートキー

lexus.jp/lbx

急アクセル時加速抑制機能「プラスサポート」を作動させるためのスマートキーです。

LBXにはアクセル踏み間違い防止機能「パーキングサポートブレーキ」が標準装備されますが、前後に壁などの障害物がある時しか作動しません。

一方プラスサポートは、障害物の有無に関わらず踏み間違いによる急加速を防いでくれます。

シニアならずとも誰にでも踏み間違いによる事故はあり得るので、念のためにこのオプションを付けておくといいでしょう。

価格は29,700円です。

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・・

ドライブレコーダーは社外品が割安

lexus.jp/lbx

LBXには2種類のドライブレコーダーがオプションで用意されていますが、前後撮影タイプで44,220円、360度撮影タイプだと70,180円もします。

前後撮影タイプなら1万円台~、360度撮影タイプでも2万円台~で手に入いる社外品と比べると、かなり高額です。

ドライブレコーダーが必要なら、カー用品店やネットショップなどで割安な社外品を選ぶといいでしょう。

純正ディーラーオプションは後付け可能だが、メーカーオプションは後付け不可

ディーラーオプションは車の購入契約を結んだ後でも、例えば納車されてからでも注文して取り付けてもらうことができます。

一方メーカーオプションは後付けすることができないため、車の購入契約の際に注文しなければなりません。

レクサス LBXのメーカーオプションは、これまでに紹介した以外にも駐車支援装備のアドバンストパークや寒冷地仕様などがあるので、必要性を感じたら忘れず注文するようにしましょう。

もし下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

下取り車を高く売ることで、トータルでさらに新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

カーネクストの無料査定はこちら

カーネクストなら中古車店や輸出業者、廃車業者など様々な販路を有しているため、新しい車はもちろん、古い車も10年10万キロの車でも高価買取が期待できます。

また、査定から売却契約まで電話のみで完結、来店も出張査定もないので本気の査定額が電話で分かります。

車の引き取りも全国無料で対応してくれます。

高年式車に加えて古い車や過走行の車が得意なので、他社でいい金額が付かなかったら試してみるといいでしょうね。

>>カーネクスト公式ページはこちら

レクサス LBXの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのレクサス LBX値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がレクサス LBXを限界値引きで購入しています。

今月のレクサス LBXの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>レクサス LBX値引き交渉マニュアル

YUCA(ユーカ)車買取

夢カー ガレージ 株式会社アイディーインフォメーション

群馬県公安委員会許可 第421110268500号

当サイトYume car grageは法人設立から16年間、車メディアを運営しながら中古車の買取・販売をしてきました。常にユーザーであるお客様の利益になるよう、ネット上のいい加減な情報ではなく、しっかりと識別した役立つ情報を発信しています。お客様へ最大限還元する新しい車の売り方「YUCA(ユーカ)車買取」を是非ご利用ください。

YUCA(ユーカ)新しい車の売り方

-レクサスLBXの評価集
-

Copyright© 株式会社アイディーインフォメーション , 2024 All Rights Reserved.