<景品表示法に基づく表記> 本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

インプレッサの評価集

インプレッサに欠点・デメリットはあるか?インプレッサスポーツを徹底評価!

7年ぶりのフルモデルチェンジで全方位的な進化を遂げた「インプレッサ」。

しかし、どんなニューモデルにも欠点・デメリットはあるものです。

ここではインプレッサの欠点のみならず、いいところに関しても徹底検証していきますので、新車購入時に参考にどうぞ。

インプレッサを評価!欠点、デメリットはあるか?

インプレッサのエクステリアの欠点は?

先代モデルからプラットフォームが一新されたインプレッサですが、残念ながらエクステリアデザインはあまり変わり映えしません。

デザイン面での冒険をしたくなかったのでしょうが、ニューモデルらしい新鮮さに欠ける感は否めません。

もう少しライバル車と差別化を図れるような外観上のアピールポイントが欲しかったところです。

インプレッサのインテリアの欠点は?

インパネ回りなど

subaru.jp/impreza

11.6インチセンターインフォメーションディスプレイの採用 (STを除く) で先進性がアップしたインテリアですが、メーターは従来通りのアナログ式で魅力的とは言えません。

また質感という点でも先代モデルとあまり変わり映えしないどころか、むしろソフトパッドが廃止されプラスチッキーになった箇所もあります。

コストの制約があったのかもしれませんが、質感でもう一頑張り欲しかったところです。

荷室スペース

subaru.jp/impreza

インプレッサの後席使用時の荷室容量は純ガソリン車なら368Lありますが、販売の主力であるマイルドハイブリッド車だと315Lに減少してしまいます。

ライバル車と比較するとカローラスポーツの352L、マツダ3ファストバックの334Lよりも少なく、実用性の点で見劣りが否めません。

カローラスポーツは純ガソリン車でもハイブリッド車でも荷室容量は変わらないので、インプレッサも全車純ガソリン車と同じ容量が確保できなかったものかと惜しまれます。

インプレッサのパワートレインの欠点は?

subaru.jp/impreza

インプレッサのパワートレインの主力は「e-ボクサー」と呼ばれるマイルドハイブリッドですが、モーターの出力が小さいため電動感は乏しく、アクセルを踏み込んだ時のパンチ力もいまひとつです。

またトランスミッションがCVTなのでダイレクト感も高いとは言えず、ドライバビリティを若干損ねています。

そして燃費性能の点でもフルハイブリッドを採用するカローラスポーツと比較して大きく劣るなど、魅力に欠ける感は否めません。

インプレッサの走行性能の欠点は?

インプレッサの乗り心地はソリッドで、ややゴツゴツした感触になっています。

決して不快な硬さではありませんが、インプレッサはスポーティカーではなく普通のファミリーカーなので、もう少しマイルドな乗り心地の方が万人受けしたでしょう。

インプレッサの装備面の欠点は?

subaru.jp/impreza

今や軽自動車でさえも多くの車種・グレードに標準装備される前席シートヒーターですが、インプレッサは全車メーカーオプション扱いでお茶を濁しています。

しかもシートヒーター単独で装着することができず、高額なセットオプションになってしまうのも問題です。

せめて最上級グレードには標準装備し、下位グレードもシートヒーターだけの単独オプションを設定するべきでしょう。

インプレッサの安全性能の欠点は?

予防安全性能の高さには定評のあるアイサイトですが、機能面に目を向けると交通標識認識システムがないのが欠点です。

交通標識を検知してディスプレイに表示するこのシステムがあると、見落としによる交通違反を減らす効果があります。

カローラスポーツやマツダ3ファストバックには備わる機能なので、インプレッサにも装備して欲しいところです。

インプレッサのグレード体系・価格面での欠点は?

インプレッサのグレード体系は3タイプで、カローラスポーツの6タイプ、マツダ3ファストバックの12タイプと比べかなり少ないラインナップです。

その分ユーザーの選択肢が狭まり、価格と装備・性能とのバランスの取れたグレードを見つけにくくなっています。

また最低グレードと中間グレードの価格差が大きいことも、問題点と言えるでしょう。

インプレッサを評価!いいところは?

インプレッサのエクステリアのいいところは?

subaru.jp/impreza

折角フルモデルチェンジをした割に新鮮味に欠けるデザインですが、その分誰にでも馴染みやすいデザインになっています。

フロントマスクのアクが強いカローラスポーツ、視界を犠牲にしてカッコよさを追求しているマツダ3ファストバックよりも万人向けと言えるでしょう。

インプレッサのインテリアのいいところは?

インパネ回りなど

subaru.jp/impreza

ST-G / ST-Hに標準装備される11.6インチセンターインフォメーションディスプレイはライバル車には備わらないので、大きなインパクトがあります。

操作性もスマートで、使う喜びを味合わせてくれる点もいいところ。

また高過ぎず低過ぎずの絶妙な位置にあるので、視界を邪魔せず、かつナビとして使う時に視線をそれほど下げずに済むのもいいところです。

前席

subaru.jp/impreza

インプレッサの前席は先代モデルから設計が一新され、人間工学に基づいた設計が取り入れられました。

サポート性が非常に高く、特に骨盤をしっかり支えてくれるので、ワインディング走行でも頭や体が振られません。

座り心地も良く、長時間のドライブでも疲れない点もいいところです。

後席

subaru.jp/impreza

後席も中央席を別にすれば座り心地が良く、サポート性も優れています。

ロングドライブでも快適に過ごせる点は大きなメリットです。

インプレッサのパワートレインのいいところは?

subaru.jp/impreza

インプレッサに搭載される水平対向4気筒エンジンは、一般的な直列4気筒エンジンよりも重心位置が低くハンドリングの良さに結び付く点や、振動が少ない点がいいところ。

更にモデルチェンジにより振動が一段と減り、静粛性も高まったのは嬉しい改良点です。

インプレッサの走行性能のいいところは?

subaru.jp/impreza

インプレッサはフルモデルチェンジでボディ剛性が大幅にアップし、ハンドリングも一段と向上しました。

2ピニオン電動パワーステアリングの採用もありステアリングフィールが非常に良く、操作に対する応答性も大変優れています。

またアンダーステアも軽微で、狙い通りのライン取りができるのもいいところ。

ホットハッチと言えるほどの操縦安定性を備えているので、ワインディング走行が楽しくなること請け合いです。

インプレッサの装備面のいいところは?

subaru.jp/impreza

インプレッサの最上級グレードST-Hには運転席・助手席パワーシートが標準装備され、中間グレードST-Gもオプションで装着することが可能です。

カローラスポーツはパワーシートの設定自体がなく、マツダ3ファストバックも上級グレードに運転席パワーシートが標準装備されるのみと物足りません。

シートヒーターの設定では後れを取っているインプレッサですが、パワーシートに関してはライバルをリードしています。

インプレッサの安全性能のいいところは?

subaru.jp/impreza

インプレッサは全車に8つのエアバッグが標準装備されます。

ライバル車たちよりも1つ多くエアバッグが備わりますが、それは助手席にシートベルトの性能を高めるシートクッションエアバッグが付くからです。

助手席に大事に人を乗せる機会が多いなら、このクラスではインプレッサが最有力候補になります。

subaru.jp/impreza

また乗員を保護するエアバッグに留まらず、歩行者と衝突した際に歩行者のダメージを軽減する歩行者保護エアバッグが装備されるのもこのクラスではインプレッサだけです。

とにかく万が一の際の安全性を考慮するなら、インプレッサはとても良い選択肢になります。

インプレッサの総合評価

エクステリア・デザインは癖や嫌みがない点は良いのですが、新鮮味に欠ける点が惜しまれます。

インテリアも無難にまとめられてるものの、質感などにもうひと頑張り欲しいところ。

居住性は平均レベルで、荷室スペースはクラスの平均を下回ります。

しかしシートの出来は抜群で、前席も後席も座り心地・サポート性とも申し分ありません。

パワートレインはスムーズさや静粛性がメリットですが、もっとパワフルなエンジンの設定も欲しくなります。

操縦安定性はトップレベルで、ライバルを一歩リードしている項目です。

装備面では概ね不足はないものの、シートヒーターの設定に不満が残ります。

安全性能はアイサイトの性能といいエアバッグの充実ぶりといい、このクラスのベストです。

インプレッサを総合的に評価すると、内外装のデザイン性は平凡ですが、トータルバランスに優れた1台と言えます。

もし下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

下取り車を高く売ることで、トータルでさらに新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

カーネクストの無料査定はこちら

カーネクストなら中古車店や輸出業者、廃車業者など様々な販路を有しているため、新しい車はもちろん、古い車も10年10万キロの車でも高価買取が期待できます。

また、査定から売却契約まで電話のみで完結、来店も出張査定もないので本気の査定額が電話で分かります。

車の引き取りも全国無料で対応してくれます。

高年式車に加えて古い車や過走行の車が得意なので、他社でいい金額が付かなかったら試してみるといいでしょうね。

>>カーネクスト公式ページはこちら

インプレッサの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのインプレッサ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がインプレッサを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のインプレッサの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>インプレッサ値引き交渉マニュアル

YUCA(ユーカ)車買取

夢カー ガレージ 株式会社アイディーインフォメーション

群馬県公安委員会許可 第421110268500号

当サイトYume car grageは法人設立から16年間、車メディアを運営しながら中古車の買取・販売をしてきました。常にユーザーであるお客様の利益になるよう、ネット上のいい加減な情報ではなく、しっかりと識別した役立つ情報を発信しています。お客様へ最大限還元する新しい車の売り方「YUCA(ユーカ)車買取」を是非ご利用ください。

YUCA(ユーカ)新しい車の売り方

-インプレッサの評価集
-

Copyright© 株式会社アイディーインフォメーション , 2024 All Rights Reserved.