<景品表示法に基づく表記> 本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

トヨタ車モデルチェンジ推移と予想

トヨタ ランドクルーザー70 モデルチェンジ推移2023年11月29日

トヨタニュースリリースより

----------------------

ランドクルーザー"70"を発売
-伝統を継承しつつ時代に合わせ進化-

1951年の誕生以来、ランドクルーザーは、このクルマだからこそ行き来できる場所での人の命や暮らしを支えてきた「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」を思想に開発

ランドクルーザー"70"シリーズは1984年に、業務用途や過酷な環境での使用を主体とするヘビーデューティーモデルとして誕生。今回の国内再導入に伴い、信頼性・耐久性・悪路走破性など"70"らしさはそのままに、パワートレーン、操縦安定性、デザイン、安全性能をアップデート

力強い動力性能と低燃費を両立する2.8L直噴ターボディーゼルエンジン「1GD-FTV」を採用。高トルク・高出力を兼ね備え、タフなオフロード性能を確保しながら、低騒音・静粛性への配慮、高い燃費性能も実現

耐久性に優れ信頼度の高いラダーフレームを採用するなど、優れたオフロード走破性を維持しながら、さらに高いオンロードでの乗り心地を実現

TOYOTAは、ランドクルーザー"70"を11月29日に発売しました。

ランドクルーザーの普遍的価値を継承するクルマ
ランドクルーザーは、トヨタBJ型として1951年8月1日に誕生し、シリーズとして72周年を迎えました。誕生直後に、自動車として初めて富士山6合目の登山に成功します。その時から、このクルマだからこそ行き来できる場所で様々な人々の安全と安心を提供する使命を負ってきました。その後、世界中のお客様に育てられ・鍛えられることで、「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」として信頼性・耐久性・悪路走破性の継承と進化を続けながら、現在までに約170の国と地域で、累計1,130万台のランドクルーザーが人々の命や暮らしを支えてきました。

中でも、ランドクルーザー"70"シリーズは1984年の誕生以来、約40年間ランドクルーザーの普遍的価値「信頼性・耐久性・悪路走破性」を変わることなく絶えず追求し続け、世界中の過酷な環境下での多様な用途に応えながら、お客様の暮らしと地域社会を支え続ける」を脈々と受け継いできました。

ランドクルーザー"70"の主な特長
ランドクルーザー"70"は本格的なオフロード設計、強靭なフレーム、高い基本性能、シンプルなパーツ構造という、シリーズならではの特性で人々の生活を支えてきました。この度継続販売モデルとしてランドクルーザー"70"シリーズらしさはそのままに、よりお客様の暮らしと地域社会を支え続けるための進化を遂げました。

ランドクルーザー"70"らしい走破性を実現するパワートレーン
力強い動力性能と低燃費を両立する2.8L直噴ターボディーゼルエンジンを採用しました。最高出力150kW(204PS)、最大トルク500N・m(51kgf・m)、でランドクルーザー"70"シリーズにふさわしい力強い走破性を実現します。

快適なオフロード・オンロード走行を可能にする高い操縦安定性
強靭さを誇る伝統のラダーフレームや、悪路走破に欠かせない電動デフロックなどの装備に加え、ビークルスタビリティコントロール(VSC)、アクティブトラクションコントロール(A-TRC)、ヒルスタートアシストコントロール(HAC)、ダウンヒルアシストコントロール(DAC)といった駆動力、制動力制御システムを採用し、高い操縦安定性を実現しました。また、快適な乗り心地をさらに追求するサスペンションの改良、スムーズな運転・操作性へのニーズにお応えするため、6速オートマチックトランスミッションを採用し、優れたオフロード走破性を維持しながら、オンロードでの乗り心地がさらに向上しました。

伝統の継承とさらなるオフローダーらしさを追求した内外装デザイン
外装は水平、垂直基調とし、道具としての機能性と圧倒的な安定感を創出する、ランドクルーザー"70"らしいシルエットを継承しました。その一方で、時代性をとらえて細部をアップデートし、デザインを進化させました。
内装は水平構成の力強いデザインと、オフロード走行に配慮した機能的レイアウトを継承し、シンプルな操作性、多様化する用途に対応しつつ、上質感のある素材を使用し、オーナーを満たす室内空間を創出しました。

進化した安全性能
安全安心にも配慮し、バックモニターやToyota Safety Senseを採用しました。Toyota Safety Senseには、新採用のプリクラッシュセーフティ、コンライト、ドライブスタートコントロールなどが含まれており、オフロード走行はもちろん、駐車時、シフト操作時の安全安心にも配慮しています。

KINTO
ランドクルーザー"70"は、サブスクリプションサービス「KINTO」でも取り扱います。

KINTOは、自動車保険(任意保険)や自動車税、メンテナンスなど、カーライフにかかる諸費用を含めた月々定額の料金をお支払いいただくことにより車両をご利用いただく仕組みで、トヨタ車両販売店のほか、オンラインでもお見積もりからご契約までの一連の手続きに対応しています。ランドクルーザー"70"の場合、月々45,760円*2から手軽にお乗りいただくことができます。

ご契約から納車までにかかる期間はWEBサイトにて最新の情報を随時公開しています。

ランドクルーザー70の主要諸元

生産工場
トヨタ車体(株) 吉原工場

月販基準台数
400台/月

・価格(消費税込み)

4,800,000円

トヨタ ランドクルーザー70

トヨタ ランドクルーザー70

 

トヨタ ランドクルーザー70のモデルチェンジ推移と履歴の一覧と今後の予想

 

YUCA(ユーカ)車買取

夢カー ガレージ 株式会社アイディーインフォメーション

群馬県公安委員会許可 第421110268500号

当サイトYume car grageは法人設立から16年間、車メディアを運営しながら中古車の買取・販売をしてきました。常にユーザーであるお客様の利益になるよう、ネット上のいい加減な情報ではなく、しっかりと識別した役立つ情報を発信しています。お客様へ最大限還元する新しい車の売り方「YUCA(ユーカ)車買取」を是非ご利用ください。

YUCA(ユーカ)新しい車の売り方

-トヨタ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© 株式会社アイディーインフォメーション , 2024 All Rights Reserved.