<景品表示法に基づく表記> 本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

ヴェルファイアの評価集

ヴェルファイアは運転しやすい?大きさ、車庫入れをチェック!

フルサイズのプレミアムミニバンとして、多くの人から憧れの目を向けられている「ヴェルファイア」。

しかし、2023年6月のフルモデルチェンジでボディが更に拡大されたため、運転が難しいと思い購入を躊躇している人も多いはずです。

そこで、ヴェルファイアの運転は本当に難しいのかを検証していきますので、参考にしてみてください。

ヴェルファイアの大きさは?ボディサイズをチェック

ヴェルファイアのボディサイズをチェックしてみましょう。

【ヴェルファイア Z プレミア】
全長 4,995mm
全幅 1,850mm
全高 1,945mm

全長はほぼ5mに達し、全幅も1.8mを大きくオーバー、全高は2mに迫ろうかというサイズで、この数字を見ただけで尻込みしてしまう人がいるかもしれません。

ここでワゴンの「カローラツーリング」から乗り換えるケースを想定し、大きさを比較してみます。

【カローラツーリング W×B】
全長4,495mm
全幅 1,745mm
全高 1,460mm

ヴェルファイアはカローラツーリングよりも全長が50cm、全幅が約10cm大きく、全高も50cm近く高いサイズです。

これだけボディサイズが違うと、運転感覚は全く違ったものとなります。

特に狭い駐車場での駐車や、裏道での離合は難易度がかなり違ってくるので、慣れるまでは慎重に運転した方がいいでしょう。

ヴェルファイアの小回りは効くか?ヴェルファイアの最小回転半径

ヴェルファイアの最小回転半径は5.9mとかなり大きく、小回り性に難があります。

最小回転半径5.3mのカローラツーリングと比べ、Uターンで切り返しが必要になったり、駐車が一発で決まらなくなるケースが増えるでしょう。

ヴェルファイアは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

ヴェルファイアのフロントの見切りは普通

ヴェルファイアはフロントウィンドウが大きくアイポイントが高いので、運転席からの視界が優れています。

ただし運転席からボンネットを目視出来ないので、フロントの見切りはあまり良いとは言えません。

toyota.jp/vellfire

救いはボンネットが短いことで、比較的ボディ先端部の位置が想像しやすくなっています。

また、壁や駐車中の車両等に接近しするとパーキングサポートブレーキが検知して自動ブレーキをかけてくれるので、ぶつけてしまう恐れはほとんどないでしょう。

ヴェルファイアの車幅の感覚は掴みやすい?

運転席からボンネットが見えないヴェルファイアは、あまり車幅が掴みやすい方ではありません。

ボンネットが見えない場合はAピラーが車幅を掴む唯一の目安になりますが、全幅の広いヴェルファイアは左右のAピラーを同時に視野に収めることができないため、目安になりにくくなっています。

toyota.jp/vellfire

ただ、車幅を掴む上でプラス要素もあります。

それはボディ形状がスクエアで、ボディ側面が垂直に切り立っていることです。

そのため、すり抜けなどで思いがけずボディ側面を擦ってしまうリスクは大きくありません。

ヴェルファイアの後方視界は良好

ヴェルファイアのリアウィンドゥは面積が大きく、良好な後方視界が得られます。

また斜め後方視界の点でも、Cピラーが比較的細い上にリアクォーターウィンドウの面積が大きいことから、死角は少ない方です。

toyota.jp/vellfire

一方で、ミニバンならではの欠点があることに注意が必要です。

全高が高い分リアウィンドウの下端部の位置も高く、直近にある背の低い障害物などが死角に入ってしまいます。

特に小さいお子さんがいる家庭では、うかつに車を動かすのはNGで、教習所で習った通りの安全確認が必要です。

ヴェルファイアの駐車にはコツがある?

四隅の位置が把握しやすいボディ形状や視界の良さなど、駐車に有利な条件を持つヴェルファイアですが、運転席からボディの左端やボディ後端部までが遠いので、慣れるまでは距離感が掴みにくいかもしれません。

またホイールベースが長いため、曲がりながらバックする時は内輪差を頭に入れておく必要があります。

しかし、ヴェルファイアは駐車を支援する以下の装備が全車に標準装備されるので、思った程駐車は難しくありません。

  • 駐車時のハンドル操作やペダル操作を支援してくれるアドバンストパーク
  • 車両周囲の障害物を検知して自動ブレーキをかけるパーキングサポートブレーキ
  • 車両周辺の状況をディスプレイオーディオ画面に表示するパノラミックビューモニター

これらの装備を積極的に活用することで、駐車の難易度は下がります。

勿論これらの装備に頼り切るのは駄目で、目視と併用する必要がありますが、その点さえ心掛ければ特別なコツを要さず安全に駐車出来るでしょう。

ヴェルファイアの運転のしやすさまとめ

その巨体ゆえに運転を躊躇してしまいそうなヴェルファイアですが、見晴らしの良さや角ばったボディ形状により、外観から想像するよりは運転しやすい車に仕上がっています。

駐車を支援する各種装備を併用することで、駐車も意外と楽にこなせます。

とは言え、日常ユースにはいささか大き過ぎるボディサイズであることもまた事実です。

5ナンバー車を前提にしたような狭い駐車場は極力利用を避ける、離合が難しそうな裏道はなるべく走らないなどを心掛けた方がいいかもしれません。

もし下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

下取り車を高く売ることで、トータルでさらに新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

カーネクストの無料査定はこちら

カーネクストなら中古車店や輸出業者、廃車業者など様々な販路を有しているため、新しい車はもちろん、古い車も10年10万キロの車でも高価買取が期待できます。

また、査定から売却契約まで電話のみで完結、来店も出張査定もないので本気の査定額が電話で分かります。

車の引き取りも全国無料で対応してくれます。

高年式車に加えて古い車や過走行の車が得意なので、他社でいい金額が付かなかったら試してみるといいでしょうね。

>>カーネクスト公式ページはこちら

ヴェルファイアの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのヴェルファイア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴェルファイアを限界値引きで購入しています。

今月のヴェルファイアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ヴェルファイア値引き交渉マニュアル

YUCA(ユーカ)車買取

夢カー ガレージ 株式会社アイディーインフォメーション

群馬県公安委員会許可 第421110268500号

当サイトYume car grageは法人設立から16年間、車メディアを運営しながら中古車の買取・販売をしてきました。常にユーザーであるお客様の利益になるよう、ネット上のいい加減な情報ではなく、しっかりと識別した役立つ情報を発信しています。お客様へ最大限還元する新しい車の売り方「YUCA(ユーカ)車買取」を是非ご利用ください。

YUCA(ユーカ)新しい車の売り方

-ヴェルファイアの評価集
-

Copyright© 株式会社アイディーインフォメーション , 2024 All Rights Reserved.